1590
明治時代の吉原

仲之町より大門を見る

江戸二通り

吉原病院

大門より仲之町を見る

角海老楼

大文字楼
天正18年8月1日、徳川家康江戸城に入る。
1617
元和3年、江戸幕府は江戸各地に散在する
傾城屋(遊女屋)を風紀上一ケ処に集める為、
現在の日本橋付近に土地を与え営業させた。
この土地は葭葦(よしあし)が茂っている草原故に、
"葭葦"(よしわら)と名付けたが、後に縁起を祝って"吉原"と称した。
又、業者達に東海道"吉原宿"の出身が多かったとの説もある。
1657
その後、当地を幕府用地にする為、浅草か向島に移るように命じ、
明暦3年江戸大火(振袖火事)で吉原も焼失したのを機に業者は交通の便等を
考え浅草田甫に移る事にした。
以後旧地を元吉原、移転地を新吉原と称した。

新吉原は直接内部が見えぬよう入り口を"くの字"形に造り、
四方に堀(おはぐろどぶ)をめぐらし、
遊女の逃亡と犯罪者の脱出を防ぐ為に要所に9つの跳橋を設け、
非常に備え、表裏の大門は亥刻(午前12時)に閉じ、
明朝(午前6時)に開いた。

又、町造りは表門裏門の間を結ぶ通りを仲之町通りといい、
その左右に江戸一(江戸出身者の業者)
江戸二(駿河出身)
京一(京都出身)
京二(上方の業者)
角町(京橋角町の出身者)
揚屋町(元吉原時代の揚屋業者)と大別し六ケ町とした。
1911
明治44年、吉原大火
1923
大正12年、関東大震災
1945
吉原の火事
●=全廓全焼(焼枠)
■=安政2,遊女536人死亡
▲=深川仮宅遊女屋全焼
[元吉原]
1630寛永7.12.3= ●
1645正保2.12.14= ●
1654承応3.11.11=●
1657明暦3.1.18=●
[新吉原]
1976延宝4.12.7=●
1677延宝5.11.27=○
1771明和8.4.23=○
1772明和9.2.29=●
1781天明1.9.30=○
1784天明4.4.16=●
1787天明7.11.19=●
1794寛政6.4.2=●
1800寛政12.2.23=●
1812文化9.11.21=●
1816文化13.5.3=●
1824文政7.4.3=●
1835天保6.1.26=●
1837天保10.10.19=●
1845弘化2.12.5=●
1855安政2.10.2=■
1856安政3.11.14=○
1860万延1.9.28=●
1862文久2.11.14=●
1864元治1.1.26=○
1866慶応2.114=▲
1871明治4.5.29=◎
1873明治6.1.11=○
1875明治8.12.12=●
1878明治11.1.2=○
1891明治24.1.23=◎
1893明治26.4.13=◎
1897明治30.3.15=◎
1911明治44.4.9=●
1923大正12.9.1=●
1945昭和20.3.9=●
昭和20年、東京大空襲

空襲3ヶ月後の6月に当局の命令で戦威向上と、
治安確保の為、空襲下即再建着手し、
8月、焼跡のビル(四ケ所)を改修して営業した。
そしてその月15日終戦となる。
終戦後、政府は進駐軍高級将校慰安所を設けるように要求し、
業者はそれを隅田川沿いの橋場町の戦災を免れた料亭に設置した。

一方業者は戦前の"新吉原三業組合"を"新吉原カフェ喫茶協同組合"と
改称し、その再建に努力したが、昭和32年売春防止法案成立により
翌年3月末をもって、300年の廓の灯は消えた。
江戸時代より明治後期迄、江戸文化と政治経済の裏面をほしいままに
していたこの街も明治政府誕生により、政府高官が勢い薩摩・長州・
土佐の地方色となり、その遊び方に高い格式と内面的な"徳川びいき"と
都会意識があったのか地方出身者の政府高官等にはなじめず、
必然と新橋・赤坂等の新開地に流れ、政界・官界ばなれと
なりつつあったが、曲がりなりにも戦前迄は"日本の吉原"として
存在しつつあった。
その華やかな社会にもかくれた種々の悲劇があった。
即ち三ノ輪の投げ込み寺(浄閑寺)、あるいは遊女が産んだ子供を
毎月養育費をもらい、育てて生活をしていた人々
(吉原出入りの小商人・職人が多かった。)
又、この地に住む子供達は、一葉の"たけくらべ"とは別に
近代社会の目にその進学・就職・結婚に悩み、多くは住居地を
他所に求めていった。

そして今、この地は現在、
都内有数の"ソープランド"許可地となり、存在しつつあるのである。


よし原鳶福 荒井一鬼
業者の正しい名称は「個室付浴場」であるが、
一般世間は「トルコ風呂」と呼んでいたが昭和59年末(1984)
トルコ大使館より、クレームが付いたので
以後ソープ・ランドと称される様になった。
現在吉原ではすべての店が「浅草防犯健全協力会」に加盟して営業している。
©浅草防犯健全協力会 All rights reserved
当サイトに掲載されている全てのデータの著作権は"浅草防犯健全協力会"に属します。無断転載・複製を堅く禁じます。