吉原遊女のランクとギャラ

■ 新吉原の遊女のトップランクは太夫であり、つぎに格子女郎でしたが
  前にも触れたように宝暦(1751〜1764年)頃には消えてなくなり、
  代わって「昼三」が上級遊女として登場します。

(1)「昼三」:
  昼三の中での最高級が「呼び出し」といわれる昼三で、  金一両一分
  張見世はせず、茶屋で待ち花魁道中をする。
  付き添いとして、1〜3人の番頭新造、2〜3人の振袖新造、2人の禿(かむろ)
  いろいろと身の回りの用事をします。
  新造がつかない昼三クラスで 金三分
  新造つき昼夜金三分(夜だけ金一分二朱)がありました。
  但し、以上のランクも呼び出しが文政(1818〜1830年)頃にはなくなり、
  その次の昼三も弘化4年(1847年)になくなり、さらにランクが下がっていきます。

(2)「附け廻し」:
  「昼二」とも言われます。  金二分

(3)「座敷持」:
  昼夜金二分と金一分の2種類がありました。
  自分の部屋を持ち、別に客を迎える座敷を持つ遊女です。

(4)「部屋持」
  昼夜金二分と金一分の2種類がありました。
  自分の部屋に客を迎えます。

(5)「振袖新造」:
  基本的には、客をとりません。   金二朱
  但し、客の求めで客をとる新造もいたようです。

(6)「局女郎」:
  一ト切(きれ)すなわち約十分の間に用を済ませるので「切見世」とも
  いわれます。   一ト切 五十文〜百文

浅草防犯健全協力会 All rights reserved
当サイトに掲載されている全てのデータの著作権は"浅草防犯健全協力会"に属します。無断転載・複製を堅く禁じます。