●寛政の頃(1789〜1801)
 ぜいたく品の禁止令や私娼禁止令が出る。
 相撲人気の中、小野川、谷風が横綱になる。
 この頃の髷は横兵庫、丸髷、天神髷、そして島田髷と種類も豊富になる。
 髪飾りがさびしい感じがするが、やはり先の禁止令の影響か?

-------------------------------------------------------------------------------------------------

●文化の頃(1804〜1818)
 式亭三馬「浮世風呂」、曲亭馬琴「南総里見八犬伝」を著す。
 この頃には、芝居に出てくる揚巻の姿に近くなる。
 櫛は大形2枚に、前ざし6本,後ざし8本と華やか。
 髷は島田で、仕掛けは3枚、帯は本帯で両端を長く下げている。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

●文政の頃(1818〜1830)
 「東海道四谷怪談」上演。異国船打払い令が出る。
 この絵は、「助六由縁江戸桜」の揚巻。
 芝居では、揚巻は太夫だがこの姿は、呼出し昼三クラス。
 ご覧のように、櫛も簪もどの時代のものより大きい。

出典---菱川師宣画「浮世続」(絵本)貞享元年

浅草防犯健全協力会 All rights reserved
当サイトに掲載されている全てのデータの著作権は"浅草防犯健全協力会"に属します。無断転載・複製を堅く禁じます。