--江戸時代の吉原には妓楼がどれくらいあって、どれくらいの遊女がいたのか、大変興味深い。
--そんな折、講談社学術文庫で「吉原と島原」(小野武雄氏 著)の中に、そのデータを発見したのでここに紹介したい。

--寛永年間 ※印本「あづま物語」(寛永十九年、1642年)

----妓楼数:125軒  揚屋数:36軒
----遊女の数:987人
----※遊女の内訳は…@太夫:75人 A格子女郎:31人 B端女郎:881人

--明暦年間 ※明暦三年 中公新書「吉原」(石井良助氏 著)から
----遊女屋:103軒 揚屋:19軒 茶屋:18軒

--万治元年(明暦三年の翌年)の「吉原細見図」「芳原細見」から
----遊女屋:253軒 揚屋:19軒 茶屋:18軒
----遊女の数:2208人
----※遊女の内訳は…@太夫:3人 A格子:67人 B局:365人 C散茶:669人 D端:1104人
----※この年1年で遊女屋が倍増しているのは、ちょうど元吉原から新吉原に移る時で、
----風呂屋の湯女などが取締で吉原に移され膨らんだとのこと。

--その後の遊女数を見てみると…
-- 寛保三年
(1743)
2084人
宝暦四年
(1754)
2053人
明和五年
(1764)
2205人
安永四年
(1775)
2201人
安永七年
(1778)
2242人
文化十三年
(1816)
1966人
天保十一年
(1840)
2335人
安政ニ年
(1855)
3731人
慶応四年
(1868)
3179人
----
--※元吉原時代から比べると新吉原の遊女の数は飛躍的に増えているが、
--その質となると低下し、太夫や格子が激減し最後にはなくなってしまう。
浅草防犯健全協力会 All rights reserved
当サイトに掲載されている全てのデータの著作権は"浅草防犯健全協力会"に属します。無断転載・複製を堅く禁じます。