--江戸時代にもフードファイトのイベントが盛んに行われていたようです。
-- たとえば、文化14年(1817年)に両国柳橋の料理茶屋「万八楼」で
-- 大酒と大食いのイベントが行われています。
-- 酒組の優勝は芝口(新橋一丁目)の鯛屋利兵衛30歳で、3升入りの杯で6杯半、
-- 灼35リットルを飲み干しました。

-- 菓子組の優勝は、神田の丸屋勘右衛門55歳で、饅頭50個、薄皮もち30個、
-- 羊羹7本を19杯のお茶とともに食べたとのことです。

-- 飯組の優勝は、三河島の41歳三右衛門で、68杯をたいらげたそうです。
-- 又、浅草の和泉屋吉米兵衛は73歳の高齢にもかかわらず50杯を食べたとのことです。
-- 当時の平均寿命から考えると驚異的ですね。

-- そして蕎麦組は、池之橋仲町の山口屋吉兵衛38歳が、63杯で優勝、
-- 新吉原の桐屋五左衛門42才が50杯で2位だったということです。

-- 出典:中江 克巳「お江戸の意外な生活事情」PHP文庫
浅草防犯健全協力会 All rights reserved
当サイトに掲載されている全てのデータの著作権は"浅草防犯健全協力会"に属します。無断転載・複製を堅く禁じます。